スクリーンありまロゴ
価値創造の特殊印刷
(有)スクリーンありま
東京本社 03-3615-7033
E-mail : tokyo@arimasp.jp
茨城工場 0291-33-1700
E-mail : ibaraki@arimasp.jp
業務案内

よくある質問 FAQ

ロット・価格について

Q. 小ロットの印刷は可能ですか?

A. 可能です。弊社の場合台数計算での金額となります。

Q. 台数計算とは?

A. 一定の数量未満の場合、一定額の料金でお願いするものです。
例)@30円で台数計算定額5000円の場合
 30×166=4980となりますので、5000円となり、1個でも10個でも100個でも166個以下の場合は、5000円と同額となります

Q. どのような費用がかかりますか?

A. 基本的に 版代+印刷代+送料 となります
状況により他に「校正出し代」「付帯作業代」「治具代」「原稿作成、修正等オペレーション代」「材料代」「倉庫代」等が発生する場合がございます

Q. 付帯作業とは?

A. 弊社表現の「付帯作業」とは、印刷するにあたり商品を印刷出来る状態にする為におこなう作業全般を総じて表現しております。
具体的には、個別包装(箱入り・PP入り等)からの出し戻し等の作業です

Q. 校正出しとは?

A. 基本的に現物本体商品に実際の原稿を印刷した完成状態として提出する事を指し、現物校正(本体校正)等と呼称致します。
イメージ校正として写真(画像)等に原稿を当て込んだデータをもって校正とさ れる場合もございます

印刷するにあたり必要な処置

Q. 治具ってなんですか?

A. 治具とは、一定の位置に印刷する為に商品を同じかたちで固定する必要がありますので、印刷する商品を一定位置に何度も置き戻す事の出来る土台の事です。(シルクスクリーン印刷とは参照)

Q. 治具は必要ですか?

A. 治具は、必ず必要ですが、なるべく御客様のご負担とならない様に工夫しております。しかし、商品形状、数量、精度要求等によっては専門の業者に作成依頼させて頂くとことなります。 その場合は御客様にご負担頂く様になります。

色について

Q. 色の指定は可能ですか?

A. 可能です。DIc/Pantone等で色指定指示いただければ、弊社内で調色致します。インキの種類によっても基準色に限りが有りますので、出にくい色もございますのでご注意下さい。

Q. シルクスクリーン印刷、パッド印刷の金銀って?

A. それぞれメジュームと呼ばれる透明のインキに、金は真鍮・銀はアルミを粉末状にしたものを練り込んで使用します。

Q. 多色印刷は可能ですか?

A. 可能です。(シルクスクリーン印刷とは参照)

Q. PP(ポリプロピレン)等は、インクが付かないと聞きましたが?

A. 確かにPP・PE等インクのつきにくい素材がありますが、前処理、後処理等で改善されます。(シルクスクリーン印刷とは参照)

top